isoana
    まぐまぐ殿堂入り・メルマガ大賞2004「ニュース部門 第一位」受賞メルマガのブログ版ですよ。
Google「通常検索」 楽天市場「商品検索」 Amazon.co.jp「本・CD検索」 MARS FLAG「サイト画像検索」 blog people「ブログ検索」
BlogPeople検索

  >> ホーム  >> RSS
奥寺(p-dash)
Author:奥寺(p-dash)
男・27歳・東京在住。<br>...ってどこにでもいますね。<br>梨が好物の千葉県生まれですたい。<br>メルマガは奥寺と高橋の2人で運営してます。
 
カテゴリ
日経新聞一面(83)
朝日新聞一面(81)
スポーツ新聞一面(81)
注目記事(75)
オススメサイト(117)
月曜コラム(週刊・NEWSのひとびと)(21)
火曜コラム(カナダレター)(24)
水曜コラム(物の由来)(23)
旧木曜コラム(中国レター)(22)
木曜コラム:お酒の雑学(2)
金曜コラム(良品探索隊)(18)
編集後記(ライター奥寺)(53)
編集後記(ライター高橋)(57)
ブログについて(9)
日記(10)
未分類(0)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去の記事
2010月01月 (1)
2005月11月 (7)
2005月10月 (23)
2005月09月 (59)
2005月08月 (105)
2005月07月 (131)
2005月06月 (155)
2005月05月 (140)
2005月04月 (55)
リンク
メルマガのHP
まぐまぐ登録ページ
日刊あなた
管理者ページ
サイト内検索

無料メルマガ登録をする!
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 ブルーオーシャン戦略について
気が付けば8月も一週間が終わっている。
早いなー。暑いですけど、頑張らねばですね。

さてさて、今日は僕の周りで、かなり話題のビジネス書を
ご紹介させていただければと思います。

ビジネス書ですけど、最後は身近な生活での応用もお話できればと
思っていますので、もし、よろしければ最後までお付き合い下さい。

さて、その本は「ブルーオーシャン戦略」という本です。
http://tinyurl.com/dyt8f
結構、売れているらしいのでご存知の方も多いかと思います。

いや、まだ読み終わっていないのですが、今の仕事に即、役に
立っています。この本はイイ!

まず、概要をご説明したいと思います。
「ブルーオーシャン」という言葉は、著者の造語ですが、これに対して
「レッドオーシャン」という造語もあります。

これらは、「市場」を例えています。

「レッドオーシャン」というのは、既存の市場です。
多数の会社が存在をしていて、限りある需要を奪うために、様々な戦略を
練って、競争を勝ち抜こうとする、つまり、血みどろの戦いを繰り広げる
という様子を例えた造語です。

そして、それに対して、本のタイトルにもなっている「ブルーオーシャン」と
いうのは、未開拓の「市場」を創造すること。つまり競争自体を無意味な
ものにするということです。

「言うは易し。行うは難し。」のブルーオーシャン戦略ですが、何も
新発明をすべきだ!と言っているわけではないのです。

まず、このブルーオーシャン戦略の成功例として、あげられているのが、
サーカスの「シルク・ドゥ・ソレイユ」です。僕も「アレグリア」とか
すぐに観に行きましたけど、これこそまさにブルーオーシャン戦略
だったのです。

どういう事かというと、シルク・ドゥ・ソレイユの登場以前のサーカスと、
言うと、猛獣が火をくぐったり、子供が空中ブランコしたり、ピエロが
玉乗りしたりと、いったもので、どこのサーカスも同じような
公演内容でした。

さらに、テレビ、映画、ゲームなどのエンタテイメントの普及により、
年々、サーカス市場は縮小していました。

しかし、シルク・ドゥ・ソレイユは、このサーカスに、ストーリー性や、
芸術性、ユーモアなどを盛り込んで、普通のサーカスよりも高額なチケット
を販売し、それまでの市場とは全く新しい市場を創造したのです。

これはなるほどと。新発明ではなくてもいいのです。
切り口の違いですよね。

まだ、最初の20ページぐらいしか読んでいないくせに、こんなにウンチク
書いてしまい申し訳ありませんが、20ページですら、こんなに
おもしろいのです。

このブルーオーシャン戦略ですが、本当に身近な生活にも応用できる
のではないかと、思いました。

ここからは、ワタクシ、高橋の「プチブルーオーシャン戦略」ですが、
例えば、この時期だと「お中元」。

「お中元」を上司に贈るということは、まさに、レッドオーシャンです。
他の部下からも多数贈られてくるでしょうし、また、ハムとかビールとか
同じようなモノばかりでしょう。もし、上司が独身だったり、忙しくて
家にもあまりいないような人だったら、きちんと届いていないかもしれません。

これじゃダメだと。「お中元」を贈ったということに、自分が満足
しているだけなのです。お中元は、礼儀だという反論もあるでしょうが、
無視します。礼儀正しいだけじゃ、現代社会では生きていけません。

さて、こんな、お中元レッドオーシャンで戦ってもしょうがないわけです。
それよりも、誕生日だったり、ふとした一言を覚えていて何か贈った方が
効果的でしょう。いわば、こちらが、ブルーオーシャンです。

また、送っておかなくてはいけないという雰囲気が、ビシビシと伝わってくる、
取引先からのキタナイ字での「暑中見舞い」や「年賀状」これもまた、
レッドオーシャンでしょう。全く意味はありません。

それよりも、4月に今年度もよろしくお願いしますとかの、
挨拶のハガキ(僕は営業時代にこれをやっていました)、それと、やはり、
誕生日や記念日、気の利いたハガキの方がブルーオーシャンであり、
効果的です。

と、何か、僕が語ると、ずいぶんとセコい処世術みたいになって
しまいましたが、考え方として、とても役に立つ「ブルーオーシャン戦略」
最近、おすすめの本です。
http://tinyurl.com/dyt8f

ではでは、そんなこんなで、金曜日。明日は、早朝から上司を送って
成田空港です。これもまた、ブルーオーシャンなのか!?と思い、
行って来ます!では、頑張りましょう!!

(高橋)
スポンサーサイト

編集後記(ライター高橋) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/08/06(土) 00:01)

<<郵政民営化法案を午後採決へ | ホーム | さくさく書類をデジタル化>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://isoana.blog8.fc2.com/tb.php/517-de9128c2


無料メルマガ
お申込フォーム
メールアドレス
無料レポート
お申込フォーム
お名前
メールアドレス
忙しいあなたの代わりに稼げるメルマガ成功法則まとめました!!

最近のエントリー

はじめに(01/01)
ナメてかかって、本気でやる!(11/10)
ボジョレーヌーボー解禁(11/10)
ヤキニクエスト(11/10)
好きな楽天ショップから見る、文章の違い(11/09)
水曜コラム「MOTHERの由来」(11/09)
漫☆画太郎ワールド(11/09)
まず、先人の知恵を聞きたいと思った日(11/01)
痩せること(10/27)
木曜コラム:お酒の雑学(10/27)
アジアのいかしたTシャツ(10/27)
「ブスが1人いると、美女が3人しぬ」(誤解しないで!)(10/26)
水曜コラム「モーターショーの歴史」(10/26)
廃盤CD特別謝恩セール(10/26)
この前、取材を受けました(10/25)
火曜コラム「ハリケーン」(10/25)
アットコスメ(10/25)
ユビキタス社会について(10/24)
月曜コラム「週刊・NEWSのひとびと」(10/24)
エキサイト恋愛結婚 男塾!(10/24)
段階ごとの目標設定について(10/18)
火曜コラム「ブロンド」(10/18)
「百式」管理人のブログ(10/18)
牛角についての一考察(10/05)
水曜コラム「数字名の銀行の由来」(10/05)


最近のコメント

松本惠子:トルコの固形ハーブ石鹸(01/22)


最近のトラックバック

信乃助's BLOG:メジャー挑戦 2006(10/22)


iTunes_logow_125-40.gif
バナー 10000008
バナー
自動更新_bijoux/ビジュー カテゴリー
logo_120_60
Copyright © 2005 isoana. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。